和の国♡探訪

 

「和」
それは、この国で大切に受け継がれてきた心。
「和の国♡探訪」は、私達が知らず知らずのうちに宿している
大切な日本の文化を再発見する旅シリーズです。
まっさらな自分で、出かけてみませんか?
さあ、心の旅へ。
当社独自開発のストーリーガイドについて

オリジナル日程表と、スマホで聞ける音声ガイドを組み合わせた画期的なトラベルツールです。オリジナル日程表で旅程をこなし、音声ガイドで各見学場所の由緒や背景を聞きながら旅をする事で、その地をより深く理解し、感じる事ができます。また個々人で聞くことが出来ますので、感染対策もバッチリです。

テーマを絞ったストーリーで巡る旅

ただ名所を巡るだけでなく、訪れる場所にまつわる由緒や背景を聞きながら巡ることによって、その場所をより深く理解し、感じる事ができます。そして、旅全体でひとつのテーマに沿って様々な場所を訪れる事によって、旅全体として、やさしく、楽しく何かを感じて頂けたら幸いです。現地の地図やお勧めレストランなどもご紹介していますので、ガイドブックや下調べも不要です!

オーダーメイドで旅の手配も承ります

各地のお勧めレストランやホテル、ストーリーガイドでの訪問地以外のお勧め観光地なども現地で調査していますので、ご予算に応じてお客様にぴったりな旅のご提案も可能です。歴史や文化を五感で感じながら、旅全体での素敵な時間もコーディネート致します。是非ご相談下さい。

 

 

何年か前、あるシャンブルドットのマダムからこんな事を言われました
「日本人のゲストは、皆お互いをリスペクトする心を持っている。今世界で大切なのは、そのような心だと思う。」
私自身、フランスやイタリアから旅を通して多くの事を学ばせて頂きましたが、現地の方々も私達から何かを感じているようです。
私達にとって自然に身についている日本的な「何か」。
今回の旅の企画は、私にとっても、そんな「何か」を探す旅になっているように思います。
時間と空間を超えて・・・

 

<Chapter 01> 神々のふるさとへ

出雲大社と神話の旅

 

 ストーリーガイドで巡る出雲の旅。昨今のパワースポットブームで、出雲を訪れる方も増えていますが、日本最古の書物「古事記」を紐解くと、そこで語られている神話が、連綿と現在にまでつながっている事が分かり、驚きを感じます。
 アマテラス、スサノヲ、オオクニヌシ、、、神話と現実がオーバーラップする出雲の神社や史跡を巡っていると、この世にはあたかも見えない世界が存在しているかのように感じられます。
 今回のストーリーは、古事記や出雲国風土記をご紹介しながら出雲の地を巡り、知らず知らずのうちに私達の心の奥底に刻み込まれている神々への想いに触れる旅です。
 科学万能の時代、そしてデジタル文明が急速に発展する現代に、出雲の神々から私達は何を感じ、何を想うでしょうか?私達にとって、本当に大切なものは何でしょうか?もしこの旅の中で、そんな何かを感じる事ができたなら、それは正に、私達がより力強く生きるための、最強パワースポットに違いありません。

 

<Chapter 02> 密教の聖地で知る仏教の神髄

高野山の旅

 

 ストーリーガイドで巡る高野山の旅。パワースポットという言葉で表現すれば、間違いなく日本有数の最強パワースポットである高野山。言わずと知れた、空海が開いた真言密教の聖地ですが、真言密教とはどのようなものかをご存知の方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?
 私達の生活の中に、無意識となるほど完全に根付いている仏教ですが、その本来の教えについて知る機会は、意外と少ないものです。
 今回のストーリーは、空海が持ち帰り、その布教に生涯をささげた真言密教の聖地を巡りながら、仏教の示す深遠な世界に触れる旅です。
 不確実性が高まり、将来を見通せない不安な時代に、空海からどんなインスピレーションを得る事ができるでしょうか?すべての答えは、自分でも見えない自分の心の奥底に、すでに用意されているのかも知れません。

 

<Chapter 03> 日本人の大いなる叡智 神仏習合の聖地

熊野三山を巡る旅

 

 ストーリーガイドで巡る熊野三山の旅。世界遺産に登録されて以降、世界的な観光地となりつつある熊野三山と熊野古道。本州の真ん中に位置しながら、普段は意外と縁遠い場所でもあるような気がします。
 熊野古道という言葉は、マスコミなどでも頻繁に取り上げられ、ご存知の方も多いと思いますが、その歴史や成り立ちを調べてみると、日本文化の形成において、とても重要な場所だった事が分かりました。
 今回のストーリーは、神代から続く熊野の歴史を紐解きながら、平安の頃から長きにわたり、多くの人々を惹きつけ、そして救ってきたであろう熊野の魅力を、自然を感じながら巡る旅です。
 熊野三山の始まりは、いずれも自然崇拝でした。自然崇拝は原始的な宗教とも言われますが、熊野の地を巡っていると、その心はまだしっかりと、自分の中にも息づいている事に気づかされます。自然との共生は、私達日本人が最も強く世界に発信すべきメッセージなのではないかと、熊野の神々は語りかけているような気もしてくるのです・・・

 

<Chapter 04> 武士達の信仰心とは

鎌倉の神さまと禅の旅

 

 ストーリーガイドで巡る鎌倉の小さな旅。首都圏からの日帰り観光地として絶大な人気を誇る古都、鎌倉。最近ではパワースポット巡りや、散策を楽しむ人が本当に増えました。
 来年の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」となり、益々人気に拍車がかかりそうですが、日本初の武家政権を作り上げた道のりは、骨肉の争いと想定外の連続でした。
 今回のストーリーは、鎌倉幕府の歴史を振り返りながら、武士達が心の拠り所とした神仏への想いに迫ります。
 中でも北条氏によって初めて政権の中心に取り入れられた禅宗は、その後も武士達の生き方に大きな影響を与え、そしてその流れは鎌倉から世界へと広がっています。激動の時代の中で、武士達にとって禅とは、どのようなものだったのでしょうか?現代を生きる私達にも、何か通じるものがあるのかも知れません。

 

 

<Chapter 05>日本的美意識の源泉へ

利休と桃山文化の旅

 

 ストーリーガイドで巡る京都の旅。日本独自の美意識として、世界的にも認知されつつある「わび・さび」。この世界の何処にも存在しない独特の美意識に、最も大きく貢献したのが千利休ではないでしょうか。
 当時は武士のステイタスともなっていた茶の湯の道を究め、独自の美的センスでこれまでにない価値観を創造した利休は、現代にもつながる和の文化に多大な影響を及ぼした人物と言えるでしょう。
 またこの時代は、長谷川等伯や俵屋宗達、本阿弥光悦など、日本を代表するような偉大な芸術家が活躍した時期でもあり、お互いに様々な影響を及ぼし合いながら桃山文化を形成して行きました。
 見所満載の京都ですが、現代においても燦然と輝く桃山文化にテーマを絞った旅。改めて日本的な美意識に、深く触れて見てはいかがでしょうか?

 

茶室

CONCEPT

日本を語れる人に
 私はずっと海外旅行の仕事一筋に生きて来ました。日本とは全く異なる素晴らしい異文化を体験し、またそれを多くのお客様にご紹介できることは何よりの喜びであり、今もその 想いは全く変わりありません。一方、海外の方々と交流している中で、日本人である自分が、日本の本当の良さを上手くお伝えする事ができないことに、 もどかしさも感じていました。海外渡航のできない今、これを素晴らしい日本の文化を理解し、お伝えする最高の機会と捉え「和の国♡探訪」の企画を開始しました。
 日本を外から見る目線も意識しながら、この国の良さを「五感」で感じて頂ける旅の企画を作って行きたいと思っています。そして、旅ごとのテーマをより易しく、より楽しくお伝えできるよう、オリジナル日程冊子とスマホによる音声ガイドを組み合わせた「ストーリーガイド」を考案致しました。解説や背景を聞きながら、ストーリーに沿ってその地を周ることにより、より深くその地の文化を感じて頂けるよう工夫しています。また、食や宿の楽しみも交えて、オーダーメイドでの旅の企画もご提案して参ります。
 今、世界はいろいろな意味で大きな岐路に立たされていると感じます。そして、より良い未来を創造して行くための方向性のヒントは、 長い時間の中で熟成されてきた、日本の良き文化の中にあるのではないかとも感じ始めています。是非この機会に、良き日本の文化を改めて五感で感じて頂き、より楽しく豊かな人生の糧として頂ければ幸いです。「旅するような人生を」 どうぞ良い旅を。
トラベラーズ・カフェ 代表 四ッ谷和好

 

旅するような人生を トラベラーズ・カフェ

千葉県知事登録旅行業第3-588号

全国旅行業協会会員/千葉県旅行業協会会員

〒271-0068 千葉県松戸市古ヶ崎116-5

TEL:047-394-8737 FAX:047-394-8738

営業時間:月~金 9:30~18:30(定休日:土日祝)

総合旅行業務取扱管理者:四ッ谷 和好